さて、いよいよやってきました。
本番、当日!!

昨日、ごはんを食べるように忠告メールをもらっていたので、たっぷり食べました。

そして、河辺に到着!
青梅
すごい人数だ。沿道の応援の方を含めれば、一体何万人になるんだろう・・・
一気に緊張しました。

なっくんに会って、荷物を預かってもらい、準備運動をしていると
『スタート位置に集合して下さい』
とのアナウンス。

あまりの人の多さにスタート位置を見失うほどです。
E036
ゼッケン
僕の番号を見つけ歩いていると、局長、なっちゃんが取材で登場。
なんか、知った顔を見るとほっとしますな。
一通り話した後、いよいよスタート。
11時50分です。

・・・おお、いきなり歩き出した。

あまりにも縦に長くなっているので、スタートしてもなかなか走れず、しばらくは歩いていくんです。
しばらく歩いていると、スターターの陸上短距離の朝原さんが!

みんな手を振っているのにつられて僕も手を振りました。
するといよいよ走り出してきました。
上を見ると、TCNのカメラが!

○かじりのディレクターさんと目が合ったので、ガッツポーズで合図をし、いざ30kmへ。

最初の5キロは、自分が思った以上に楽に走れました。
いいペースで走れて、足も痛くならず、6分ペースを守れました。

10キロ通過。
さすがに疲れてきましたが、沿道の方の応援。そして周りのランナーの頑張りに
僕も付いていけました。
途中、給水へ。

思ったこと。

水はすげえ!!!

力水だよ。水を飲むと、一瞬ですが疲れが取れるんです。
ただならぬ事態です。

途中、局長、なっちゃんコンビが応援してくれ、給水をとり、なんとか14キロの折り返し地点へ。

『部長、頑張って』

ここでもTCNの方が声をかけてくれ、残りは半分!!
これからは下りがメインです。

沿道の方の応援。力水。あめ。
色々なものを力に後半戦です。

・・・途中おなかが空いて空いてしかたない!
佐藤スポーツさんにもらった梅ゼリーでチャージ!

そしていよいよ21キロのさんかく山付近へ。

やはり難所だけあって歩いている人が増えています。
ただ、ここはなんがなんでも歩かないと決め、必死に山登り。

頑張った代償は、足のマメでした。

これがいてえいてえ・・・
残り10キロどうやって乗り越えるか、それだけを考えて走りました。

残り、2キロ。
時間はどれくらいなのか、正直把握してません。

右足をかばったせいで左足は痛くなり、マメの痛みを抑えるため、何回も歩きました。

しかし、足をひきずりながら、ゴールに向かうランナー。
沿道の声援。

そして、僕を支えてくれたTCNの仲間。

僕の背中を押してくれた力は3時間28分という平凡だけど、最高のタイムでゴールしました。

途中、局長、なっちゃんコンビに感想を求められたことと、
なっくんが冷静によかったですねといった事だけが不満でしたが・・・

マラソン。
みんながみんなの目標のゴールがあって、必死に向かっている。
一人では絶対諦めていたけど、みんながいるから頑張れる。

うまく言えないけど、走ってみると素直に楽しかった。
そして、僕を成長させてくれました。

ありがとう!!青梅マラソン!!!!!
ゴール
スポンサーサイト
2009.02.15 Sun l Road to Oume 2009年 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://yoshihiro24.blog50.fc2.com/tb.php/200-8d652ee8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)